Search
Search Menu

運転免許を取るなら必見。免許の種類

運転免許の種類ってなにがあるの?

運転免許には種類があります。
まず普通自動車に該当する、一般的な四輪車、乗用車の免許です。昔はMT(ミッション)車のみでしたが、AT(オートマ車)の普及によりAT限定の普通自動車免許もあります。
AT限定を取得すると、免許証の免許の条件等という項目に「普通車はAT車に限る」と記載が入ります。
MT車の免許を持っていればほとんどの自家用車は運転できますが、AT限定の免許しか持っていないと、クラッチ操作が必要なMT車は運転ができません。また、車両総重量が3500kg以上で最大積載量が2000kg以上、乗車定員が10人以上の車は普通免許で運転ができません。
別途、車種に合わせた免許が必要になります。自分が乗りたい車を把握して免許を選ぶようにしましょう。
続いての免許の種類は普通自動二輪。これは400ccまでのバイクに乗れる免許です。
主なバイクとしてはホンダのCBR400SFこの車種は通称「スーフォア」と呼ばれ、たくさんの教習所で教習車として使われています。
そのほかにもSuzukiのジクサーやKawasakiのNinja250、YAMAHAのセローなども有名車種です。
教習所にもよりますが、ほとんどの教習所では路上研修はなく、教習所内で教習を行います。また、すでに自動車免許を取得していて再度、普通自動車免許を取得する場合は基本的に免許センターでの学科試験は免除されます。しかし教習所内の授業は一部受ける必要があります。
普通自動二輪にもAT限定かMTを選択できます。自動二輪のATというのはいわゆるスクーターです。
400ccまでのスクーターしか乗らない予定であればAT限定でも大丈夫ですがMT車に乗りたい方はMTを選びましょう。
次に大型自動車。バス、トラック、ダンプカーなどの免許です。主に運搬やバス運転手の職業に就く人が持つ免許です。
この大型自動車を取得するためには以下の条件が必要になります
・満21歳以上
・普通免許または大型特殊免許を取得していて、免許停止期間を除く免許経歴が通年3年以上
最後に、特殊車両。こちらは主に農場などで見かけるトラクターなどが当てはまります。主に大型特殊自動車と小型特殊自動車に分けられます。
小型特殊自動車は、よく畑などで見る農業用のトラクターなどです。
大型特殊自動車は、比較的大きい大型トラクターです。工場でよく見るフォークリフトやホイールローダーなどが分類されます。
小型特殊免許は普通自動車の免許を取っていれば自動でついてきます。
しかし大型特殊自動車免許は普通自動車にはついてこないので、ほとんどが教習所で取得します。

たくさんある免許の種類について

いかがでしたでしょうか。免許の種類は教習所で教習を受ける前に知っておくべきことです。
そのうえ免許を取る際の筆記試験で、免許の種類についての問題も出ることがあります。

自分に一番必要な免許、ぜひ探してみてくださいね。