Search
Search Menu

運転免許の種類を紹介

免許証にはどういった種類がある?

自動車やバイクに関係する免許には様々な種類があります。一般的に普通免許と呼ばれている免許は正式名称を普通自動車免許と言います。この免許は18歳以上で取得が出来、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満、乗車定員は10人までの自動車を運転可能となります。一般的な自動車であれは問題なく運転できるので多くの方が取得しています。準中型免許の新設により、普通自動車免許で運転できる自動車の幅は少し縮まりましたが、普通車を運転する上での影響はありません。普通自動車免許を取得すると同時に原付バイクの免許も得ることが出来ます。準中型免許では普通自動車免許で運転できる車に加え、車両総重量が7.5トン未満、最大積載量4.5トン未満、乗車定員10人以下までの自動車を運転できます。

普通自動車以外の運転も可能となる免許

排気量が50cc超400cc以下のバイクを運転するために必要となるのが普通自動二輪の免許です。普通自動二輪は16歳以上で取得でき、その後普通自動車の免許などを取るときには学科教習の時間が短縮されます。

大きな自動車を運転したい方が取得する免許としては中型免許や大型免許があります。中型免許は20歳以上で取得でき、車両総重量11トン未満、最大積載量6.5トン未満、乗車定員29人以下の自動車を運転可能となります。大型免許の場合は21歳以上の方が取得でき、中型免許よりも重量のある大型自動車を運転することが出来ます。運転できる自動車の大きさが原則として決められていません。特殊車両を運転するためには大型特殊免許などの特殊免許が必要となります。工事などで使用されているブルドーザーやクレーン車はこの免許がなければ運転することが出来ません。大型特殊免許は年齢が満18歳以上で取得できるので、大型免許よりも年齢制限は緩やかとなっています。これは大型免許がたくさんの方を同時に乗せられるのに対し、特殊車両は基本的に数人しか乗らないからです。自らの仕事に合わせて取得するのが一般的となっています。

普通自動車免許、準中型免許、中型免許、大型免許の4つはそれぞれに関連性が強く、大型免許を取得すれば中型免許以下の自動車も運転することが出来ます。つまり、大型免許は一般的な自動車免許の最上位にあります。ただし、特殊車両を運転する際にはそれらとは別に特殊自動車免許を必要とするので注意しておきましょう。

自動車免許には様々な種類がある

自動車免許には様々な種類があり、どんな車両を運転したいかによって選ぶことが出来ます。特殊車両を運転する免許は通常の免許と少し異なります。