Search
Search Menu

運転免許によって乗れる車両は異なる

運転できる車両を知って免許を選ぶ

個人の移動手段として乗り物を利用したい場合は、普通自動車免許や普通自動二輪免許を選ぶ方がほとんどです。もしも、多くの人や重い荷物を運ぶことを仕事とするのなら、大型自動車免許が必要となるでしょう。どの免許を取得するかによって、運転できる車両が異なるため、自身の状況に合わせて選ばなければいけません。ちなみに、上記のどの免許を取得したとしても、原動機付自転車には乗ることができます。

まず、普通自動車免許を取得すると、普通自動車はもちろん、2トントラックまでなら運転が可能になります。ただし、車両総重量が3.5トンを超えてしまうと乗れないので、トラックを運転するときには注意が必要です。そして、AT(オートマチック)とMT(マニュアル)に分かれています。MTを取得すれば両方の車両を運転できますが、AT限定を取得するとMTの車両を運転することはできません。

そして、普通自動二輪免許を取得すると、排気量が400cc以下のバイクが運転できるようになります。こちらもAT限定免許が存在するため、MTの車種に乗りたい場合は気をつけなければいけません。ただし、AT限定を解除する方法もあるので、時間と費用をかければ、あとからMTに乗れるようになれます(これは自動車免許でも同じです)。なお、さらに大きなバイクに乗りたくなった場合は、大型自動二輪免許の取得を目指しましょう。そちらを取得すると、650cc以下のバイクを運転できるようになります。

大型自動車免許は、大型のトラックはもちろん、バスやダンプカーも運転が可能です。最大積載量6.5t以上で乗車定員30人以上のとても大きな車両に乗れるようになるため、観光業や運搬業などで活用されています。なお、この免許は取得するための条件が設定されています。21歳以上で普通自動車免許を取ってから3年以上経っていないと、大型自動車免許の取得は不可能です。

特殊車両の運転を考えるなら

クレーン車やロードローラーなど、大型特殊車両を運転したいのなら、大型特殊免許を取得しなければいけません。そして、農業用トラクターやフォークリフトなどの小型特殊車両の場合は、小型特殊免許が必要になります。ただし、小型に見えても、大型に分類されるケースもあるため、見た目だけではなく車両情報をきちんと確認すべきです。なお、小型特殊車両は、普通自動車免許や普通自動二輪免許を取得していれば、運転ができると法律で決められています。

免許にはさらに種類がある

運転免許にはたくさんの種類があるため、乗りたい車両があるのなら、それに合ったものを取得しなければいけません。しかし、現在所有している免許で運転できる可能性もあるので、取得前に調べておきましょう。